コンテンツ

ムエタイとキックボクシングの違い

キックボクシングとムエタイはどちらも足を使って闘う格闘技ですが、実際にどのような違いがあるのか分からない方も多いのではないでしょうか?キックボクシングやムエタイはとてもよく似た格闘技ですが、ルールや技の違いなど異なる部分はたくさんあります。

 

そこで今回は、キックボクシングとムエタイの違いについて詳しくご紹介します。

 

キックボクシング・ムエタイの違い「歴史・ルーツ」

キックボクシングとムエタイの違いの1つ目は、「歴史とルール」の違いです。ここでは、それぞれの「歴史・ルーツ」の違いについてご紹介します。

 

ムエタイの歴史・ルーツ

「ムエタイ」は、タイ発祥の格闘技です。ムエタイの歴史は古く、13世紀興ったタイ族による初めての王朝スコータイにおいても、軍隊の実践格闘技としてすでに取り入れられたと言われています。その後、1936年に国名が「シャム」から「タイ」に変更されたことをきっかけに、ムエタイが競技として盛んに行われるようになり、今日のムエタイの礎が築かれました。

 

キックボクシングの歴史・ルーツ

キックボクシングは、名前からして海外発祥のスポーツのようなイメージを受けますが、実はキックボクシングは日本発祥のスポーツです。1966年に日本人が、当時最強と言われたタイの国技ムエタイに対抗するために空手とボクシングを合わせ、ムエタイを研究し、競技として成立させたのが始まりです。

 

キックボクシング・ムエタイの違い「特徴」

次に、ムエタイとキックボクシングの「特徴」の違いについて解説します。

 

ムエタイの特徴

ムエタイは、首相撲(クリンチ)が試合で認められていることが特徴です。首相撲とは、文字通り相手の首をつかみ、さらに相手の体制を崩すことによって次の攻撃につなげるための技の一つです。首相撲の状態から鋭い膝蹴りがボディに打ちこまれることが多いです。また、肘で攻撃する肘打ちも試合で使うことが認められています。

 

キックボクシングの特徴

キックボクシングは、先述したように「ムエタイ」を基にして日本で作られた競技で、パンチだけでなく、ミドルキックやローキック、ハイキックなど体全体を動かして行うのが特徴です。また、ムエタイと大きく異なる点は、「首相撲」と「肘打ち」が認められているかどうかです。ムエタイでは肘打ちも首相撲のどちらも認められていますが、キックボクシングでは基本的に反則になるため使用することは禁止されています。

 

キックボクシング・ムエタイの違い「ルール・採点基準」

ムエタイとキックボクシングの大きな違いが「ルール・採点基準」です。ここからは、それぞれの「ルール・採点基準」について解説します。

 

ムエタイのルール・採点基準

ムエタイでは「キック」と「膝蹴り」だけでなく、技の美しさも評価されます。また、膝蹴りで組み付いたときに相手のバランスを崩して転ばせるのも評価が高くなります。

 

キックボクシングのルール・採点基準

キックボクシングでは、美しさは加味されず、「相手にどれだけダメージを与えたか」がとても重要になります。そのため、相手にダメージを与えるようなパンチが多用される傾向があります。

 

キックボクシング・ムエタイの違い「試合展開」

ムエタイとキックボクシングはとてもよく似た競技ですが、実際の試合を見ればその違いが分かります。最後に、それぞれの試合展開の違いについて解説します。

 

ムエタイの試合展開

ムエタイでは、ミドルキックやハイキックなどの採点が高いことが特徴です。一方、パンチの採点はあまりないため、試合ではキックの応酬となります。また、膝蹴りも有効打となるため、接近戦になると首相撲(クリンチ)を行い、首相撲で膝蹴りを打ち合い続ける試合展開となることも多いです。

 

キックボクシングの試合展開

キックボクシングでは、先述したように「どれだけ相手にダメージ・有効打を与えたか」が重要になります。そのため、キックボクシングの試合は、パンチやキックを織り交ぜた試合展開になることが多いです。このように、相手にダメージを与えるために、次々と攻撃を繰り出すため、アグレッシブな試合展開が多いのが特徴です。

 

まとめ

今回はキックボクシングとムエタイの違いについて詳しくご紹介しました。

 

キックボクシングとムエタイはとてもよく似た競技ですが、その歴史やルール・採点基準が異なるだけで試合展開も変わってきます。ぜひこちらの記事を読んで、それぞれの試合を観戦する際の参考にしてみてください。

 

また、実際にキックボクシングやムエタイを始めてみたい方は「クロスポイント」にぜひお問い合わせください。クロスポイントではキックボクシングをはじめ、ムエタイやブラジリアン柔術・MMAなどをトレーニングできるジムです。ムエタイクラスでは、タイ人トレーナーの指導で本場のムエタイの技術を学ぶことができます。

 

キックボクシングやムエタイなどの格闘技に興味がある方は、「クロスポイント」にお気軽にお問い合わせくださいませ。